地域のニーズに応える天草信用金庫

天草信用金庫のリフォームローン

一般的にマイホームを購入するのは30代から40代が多く、マイホームをリフォームするのは中高年が多いです。そのため天草信用金庫のように中高年の利用者が多い地域金融機関では、リフォームローンの人気が高い傾向にあります。中でも天草信用金庫はリフォームローンで借りた資金を借換資金や繰上返済手数料にも充てられるため、住宅ローンの返済が終わっていない利用者でも安心して審査申込みを検討できるというメリットがあります。

天草信用金庫のリフォームローンは、増改築などの一般的なリフォーム資金に特化したリフォームプランと、エコ設備の設置資金に特化したグリーンecoという2種類のプランがあります。選択肢が2種類だけだと少し心もとない印象ですが、どちらのプランも資金使途の幅が広いため、どんな資金にも対応することができます。リフォームローンの資金使途が狭いと、不足資金を補うためにカードローンやフリーローン、消費者金融の融資商品などを一緒に契約する必要がありますが、天草信用金庫ならばリフォームローンだけで充分です。

ただし天草信用金庫のリフォームローンは融資限度額が1000万円と控えめです。そのため複数の工事を一気に行う場合や、あまりにも大がかりな工事だと、融資金額が必要資金に追いつかない恐れがあります。事前に貯蓄預金や財形預金を使って貯蓄したり、地方自治体の給付金などを活用して自己資金を用意しておくとよいでしょう。

天草信用金庫のリフォームローンのデメリットは、店頭表示金利の引き下げサービスが少ないことです。住宅ローンには及ばないものの、リフォームローンは融資金額が大きい商品です。そのため利用者の取引実績やポイントサービスの優遇特典に応じて、適用金利を引き下げる金融機関が少なくありません。しかし天草信用金庫は不定期で開催されるキャンペーンくらいしか金利引き下げのチャンスがなく、低金利で借りるためには事前にキャンペーンの有無を確認するか、他の金融機関のリフォームローンを検討する必要があります。