九州なら西日本シティ銀行

西日本シティ銀行のNCBダイレクト

コストが安く、リアルタイムの取引が可能、どこでもアクセスできる、これらのメリットをそろえたインターネットバンキングは現在利用者が急増しています。インターネット支店を作る銀行や、そもそもインターネット上の取引を専門とするネットバンクなど、その形態も増えてきています。西日本シティ銀行のような一般的な銀行もほぼどこでもインターネットバンキングをおこなっています。西日本シティ銀行の場合はそのようなサービスをNCBダイレクトといいます。

口座がなくてもインターネット専用の口座を開設することができ、既存の口座を持ちつつ新たに申し込むことも可能です。NCBダイレクトの特徴は西日本シティ銀行同士の振込手数料無料化、住宅ローンの手続きにかかる手数料の一部無料化などがあります。銀行によっては金利が高くなることもありますが、西日本シティ銀行では金利の違いは今のところありません。

しかしインターネットバンキングにはインターネットならではのリスクもあります。インターネットバンキングではしばしば不正アクセスや偽造サイトによる個人情報の流出などが起こるのです。スパイウェアやウイルスなどに侵される場合もあり、銀行だけでなく個人のセキュリティも必要になります。銀行側のセキュリティはキャッシュカードを使ったワンタイムパスワードの利用や、頻繁なパスワードの変更などがあります。

個人でできることとしては、パソコンにウイルス対策ソフトなどを導入することなどが基本です。インターネットバンキングだけでなく、一般のサイトの利用だけでもウイルスの脅威にさらされたり、個人情報の抜き取りが起こるため、個人の対策が不可欠なのです。