うまく使いたい福岡銀行

福岡銀行の生命保険

本来保険商品は保険会社で販売されているものでしたが、現在は銀行でも広く扱っています。販売されている商品は生命保険が最も多く、終身保険やがん保険、医療保険などが一般的ですが、自動車保険や火災保険などもあります。しかし銀行だと保険会社や商品の種類が少ないというデメリットがあり、保険会社に比べると充分な選択肢がないことが多いです。

福岡銀行は扱う保険の数が多いことが特徴の一つです。取り扱う保険会社は20以上、保険商品は60以上もあります。そのため銀行での保険契約に不安がある場合も安心です。地方銀行の強みである地域密着型経営を活かして、無料相談も広くおこなっています。とくに福岡銀行をメインバンクにしている場合、顧客の経済状況を把握しながら保険の話し合いができるのでオススメです。

生命保険商品で人気が上がっているのは個人年金保険です。将来の年金額への不安からか、老後の資金を確保できる商品に注目が集まっているのです。同様の理由で養老保険や変額個人年金保険も人気が高まっています。福岡銀行もこれらの商品に力を入れています。同時に老後の資金運用促進を狙ってミックスパックを用意するといった工夫もしています。ミックスパックとは定期預金と投資信託のセット商品で、退職金などを元金に資産運用しつつ老後に備える商品です。

保険は定期預金などと違い、人によって合う商品が異なります。自分に合わない商品を利用すると、保険料が無駄になるばかりか、受け取る保険金も少なくなる恐れがあります。そのため保険申込する際には慎重な検討が必要です。万が一自分に合わない保険に加入してしまっても、別の保険に加入しなおすことができるので、定期的に保険の相談をするといいでしょう。