うまく使いたい福岡銀行

福岡銀行の投資信託

資産運用で最も人気を集めるのが投資信託です。というのも銀行の利息だけでは物足りない場合、本格的な株式投資やFXよりも簡単な投資信託に興味を持つ人が多いのです。投資信託では顧客は投資するだけで、実際の運用取引は専門家がおこなうため、初心者でも気軽に始められるということで年齢を問わず新規の利用者が増えています。銀行にとっても投資信託は手数料を稼げる商品ということで、便利な商品やサービスが次々と発表されています。

投資信託関連のサービスで多いのはインターネット投資信託です。福岡銀行でも扱っていますが、インターネットでの取引にすることで手数料を節約することができるのです。銀行によってはネット専用のファンドや投資対象を設置しているところもあります。さらに福岡銀行では新規加入者を対象としたキャンペーンも頻繁におこなっており、キャンペーンに乗じて口座開設する人が続出しています。

もっとも実際の投資をおこなうのは専門家だとしても、顧客自身がしっかり投資に関する知識を得てからでないと、利用は危険です。投資に関する知識とは、たとえば投資対象ごとの特徴やそれらの投資成果、できるだけリスクをおさえて運用する方法などです。一般的には国内債券、国内株式、不動産投資信託などが注目され、インデックスファンドから始める人が多い傾向にあります。こうした複数の主要投資対象に積立投信などを使って分散投資することで、利益分配の効率は悪いものの、一気に損害を浴びるリスクを抑えることができます。

しかし投資信託も保険と同じように、もともとは銀行が扱う商品ではありませんでした。そのため今でも証券会社各社のほうが扱うファンドの種類も数も多く、おまけに手数料の安い運用方法が利用できます。そこで福岡銀行では定期預金とセットになったお得プランを提供しており、銀行ならではの運用ができるようになっています。そういう商品から始めて投資信託に慣れてきたら、成長途上の日本国外ファンドなど、外国投資信託にも目を向けて積極的に収益を狙っていくといいでしょう。